TOEICリーディング

TOEICPart6の解き方|苦手な人でも今日からできる対策とは

TOEICPart6対策

TOEICPart6が苦手なんだけどどうにかならないかな、、

TOEICPart6の効率的な解き方が知りたい

今日はこういった悩みを解決します。

記事の内容

  • TOEICPart6の問題形式
  • TOEICPart6の解き方
  • 具体的な勉強法

 

リーディングセッションの中では、パート6は一番点数を伸ばしやすいです。

 

なぜなら、

  • Part5よりも簡単な文法、語彙問題
  • Part7よりも短い文章での読解問題

が出題されるからです。

 

まずはTOEICPart6を解けるようにしていきましょう。

 

この記事の信頼性

私には、たった2ヶ月の勉強でTOEICのスコアを650→865にした経験があります。

 

【TOEICPart6解き方】問題傾向をつかむ

TOEICPart6問題形式

TOEICpart6で出てくる問題はこんな感じ。

問題数 16問
解答目標時間 7分
パッセージの数 1つ
問題セット数 4セット
セットごとの問題数 4問

 

詳細はこちら。

  1. 文法問題
  2. 語彙問題
  3. 読解問題

 

例題とともに見ていきます。

問題はTOEICの公式サイトに掲載されているサンプル問題を引用。

 

【TOEICPart6】文法問題

No. 131
(A) interest
(B) interests
(C) interested
(D) interesting

答えはCです。

 

このように、Part5のような動詞の形が異なる選択肢を並べた問題。

 

そのため、Part5をしっかり対策できている方にはかなり楽な問題です。

 

【TOEICPart6】語彙問題

No. 132
(A) develop
(B) raise
(C) open
(D) complete

答えはAです。

 

これは意味が異なる動詞を選択肢に並べた問題です。

 

動詞の意味やその動詞が自動詞か他動詞かを知っているだけでも解けたりします。

 

文法問題と同じようにTOEICPart5の対策がそのままPart6のスコアアップにつながりますよ。

 

【TOEICPart6】読解問題

No. 134
(A) Let me explain our plans for on-site staff training.
(B) We hope that you will strongly consider joining us.
(C) Today’s training session will be postponed until Monday.
(D) This is the first in a series of such lectures.

答えはBです。

 

この問題に関しては、ある程度全体の流れがわかっていないと確信を持って答えが出せないので注意。

 

パッセージだけでなく選択肢も読まなければいけないので、TOEICPart6の中では1番時間をかける問題となります。

TOEICPart6対策は他のパート対策にもなる

見てきたように、TOEICPart6はパート5とパート7の両方の要素を含んだパートになります。

 

TOEICPart6対策はコスパ高め。

 

TOEICPart6の解き方

TOEICPart6解き方

【結論】めんどくさいですが、全文読みましょう。

 

【TOEICPart6の解き方】全文読む理由

  • 空欄の前後だけ読んで答えるのは上級者向けだから
  • 読解問題で結局全文読むはめになるから

大きくこの2つです。

 

私がTOEICPart6の点数を安定できたのも全文読むようにしてからでした。

 

実力はあるはずなのにうまくいかないな、、という人は全文しっかり読むようにしましょう。

 

TOEICPart6解き方の流れ

問題番号順に解いていきましょう。

 

焦ってしまうと文法問題や語彙問題など比較的簡単なところから埋めようとしてしまいますが、文脈がわからずに結局戻ることになるからです。

 

各パッセージで簡単な問題も難しい問題もあるので1問目が難しくても焦る必要はなし。

 

【TOEICPart6の解き方】しっかり解き切る

確かに時間はないので、のんびり読んでいるわけにはいきません。

 

しかし、 正解出来なければその時間無駄になってしまいます。

 

早とちりしてミスをするくらいなら、しっかり全部読んで確信を持って答えましょう。

 

【TOEICPart6の解き方】時間は7分

TOEICPart6の16問は7分で解き切れるように時間を配分しましょう。

 

1問を30秒より速いペースで解くことになりますのでかなりきついですが、他のパートに時間を回したいので素早く終わらせたいところ。

TOEICpart6苦手を克服する勉強法

TOEICPart6勉強法

使う教材はアプリ。

 

紙の参考書でも悪くないですが、アプリの方がコスパが良いのでアプリ使いましょうという話です。

 

時間がある時は他のパートをやりたいので、TOEICPart6はスキマ時間。

 

アプリなら1日3分で継続可能です。

 

それでは先ほど挙げた3つの問題パターンそれぞれについて対策方法を考えていきます。

 

【TOEICPart6】文法問題の勉強法

TOEICPart6で点を落とす人はおそらくパート5でもあまり点数を取れていないはず。

 

 

具体的な勉強法は下の記事で詳しく解説していますので読んでみてください。

 

【TOEICPart6】語彙問題の勉強法

語彙不足は単語帳でコツコツ覚えることで対策できます。

 

単語力は、しっかり時間を取って勉強するというよりはスキマ時間を上手く活用して回数こなすことが重要。

 

より詳しく解説しています。

 

【TOEICPart6】読解問題の勉強法

TOEICPart6で一番大変なのがこの読解問題。

 

文章全体の流れをつかんでいないと正答出来ないからです。

 

  • 初めに文章のタイプを見極める
  • 練習方法は精読
  • 問題演習を重ねるとそんなに問題パターンがないことに気づく

上の3つが大切になってきますので深掘りしていきます。

 

TOEICPart6の読解問題を攻略する方法

TOEICPart6読解問題

TOEICPart6の出来は読解問題ができるかが大きく左右するので詳しく見ていきます。

【TOEICPart6読解問題】文章のタイプを見極める

よく出るテーマはこちらです。

  • 手紙
  • メール
  • 記事
  • 告知、宣伝
  • webページ

まずは状況把握が大切です。

 

手紙やメールであれば

  • 誰から誰へのものか
  • 上下関係はどうか

 

告知や宣伝であれば

  • 何を告知、宣伝してるのか
  • 読者はどんな人なのか

を抑えましょう。

 

【TOEICPart6読解問題】練習方法は精読

要するにしっかり訳せているかです。

 

問題解いて、答えみて終わり。だと自分のどこの解釈が間違っていたのかが全くわかりません。

 

  • 文法が弱いのか
  • 語彙不足なのか

あなたがTOEICPart6を解き切れないのには必ず理由があります。

 

【TOEICPart6読解問題】問題パターンはない

TOEICPart6の読解問題にあまりパターンがないことに気づくところまで来れば満点も目の前です。

 

TOEICPart6で満点を取りたいなら、ただ問題演習を重ねるのではなく

  • 答えの根拠になった場所はどこか?
  • 問われ方を自分の中でパターン化する

を意識してください。

 

特に2つめのパターン化はかなり難しいです。

 

しかし質問文はそこまでバラエティー豊富ではないので、自分の中でよく見る問題をグループ分けしていきましょう。

 

TOEICPart6解き方まとめ

まとめ

TOEICPart6の対策をすることは他のパートにも効果があるのでコスパ高め。

 

TOEICリーディングが苦手な人はPart6から始めましょう。

 

-TOEICリーディング
-,

© 2020 andyblog Powered by AFFINGER5