TOEIC TOEICリーディング

TOEICリーディングのコツは?|実体験に基づく7つのアドバイス

2020-01-05

TOEICリーディングコツ

 

アンディー

こんにちは、アンディーです。

先日、TOEICで865点を取ることができたので、

今回は、私の体験に基づいて、

TOEICリーディングのコツを7つ解説します。

 

こんな方におすすめ

  • リーディング対策が手詰まっている人
  • 短期間でスコアを伸ばしたい人

 

2ヶ月間の対策で865点(215点UP)をとることができました。

 

しかし、はっきり言って、かなり効率は悪かったと思います。

 

かなり遠回りしましたし、もっとうまくやれたなと感じています。

 

そこで、あなたが無駄に時間を使わないように、

できる限りのアドバイスをしていきますので、少しでも参考にしてみてください。

 

記事の内容

・TOEICリーディング7つのコツ

・TOEICリーディングを攻略するためにやるべきことは2つだけ

 

TOEICリーディングの7つのコツとは

TOEICリーディングコツ

早速結論ですが、この7つです。

 

・どんな問題が出るのかを知っておく

・最強の時間配分を知る

・冒頭は必ず読むようにする

・問題と回答の根拠の順番は一緒

・読むのに緩急をつける

・効果倍増の復習方法を知っておく

・毎日英語の文章を読む習慣づくりから

 

順番に解説していきますね。

 

どんな問題が出るのかを知っておく

TOEICのリーディングセッションは全部で3つのパートに分かれています。

 

ざっくり説明すると、

 

パート5文法、語彙
パート6文法、語彙、読解
パート7読解、(語彙)

 

の問題が出ます。

 

具体的にどんな問題が出るの?

 

それぞれのパートで出題される問題は、ある程度どんな問題が出るか決まっているので、知らないと損です。

 

そこで、各パートごとに扱われるテーマや頻出単語についてがっつりまとめている記事を紹介します。

 

まだ、どんな問題が出るか把握していない人や、ノー勉の人はこれだけ見ておくだけでもだいぶ違うと思うので見てみてください。

 

パートごとの問題傾向

 

最強の時間配分を知る

TOEICのリーディングは

「時間との戦い」

になります。

 

おそらく、初見の人はほとんど解き終わらないと思います。

 

リーディングのスコアが400を超えていない実力の人は基本的に読み終わることはない

というふうにも言われているくらいです。

(満点は495点です。)

 

時間内に終わらせる方法はないの?

 

最適な時間配分を知っておく必要があります。

 

もちろん個人差はあるものの、

理想的とされている時間配分は以下の通りです。

 

問題数解くべき時間1問あたりの時間
Part5301020
Part616726
Part7545815

 

やはり、Part7(長文読解問題)に時間をかけたいので、Part5やPart6にかけられる時間は必然的に短くなってしまいます。

 

繰り返しますが、個人差はあると思うので、目安にしてください。

 

特に何もわからない人は、この時間配分で解き切れるように

勉強していけば大丈夫です。

 

この時間配分を達成するための勉強法については

以下の記事で解説していますのでご覧ください。

 

理想の時間配分を達成するために出来る4つのこと

 

冒頭は必ず読むようにする

TOEICの問題、文章が始まるところで、

このような記述があるのはご存知ですよね?

 

Questions 147-148 refer to the following advertisement.

 

これ、結構ヒントですよ。

 

これから、どういった内容が書かれているのかはわからないにしても、

それぞれの媒体で伝えることはある程度決まっています。

 

どういうこと?

 

メールなのに、取材記事が書かれていたり、

チャットメッセージの形式なのに、広告が書かれていたり

ということはありませんよね。

 

メールなのか、新聞なのか

また、それぞれどんなテーマが扱われるのかを抑えておくとすんなり問題に入れます。

 

先ほども言ったようにそんなにパターンはありません。

 

よく使われるテーマについてまとめている記事はこちら。

 

TOEICのパート7でよく出るテーマ

 

問題と回答の根拠の順番は一緒

Part6やPart7に関する話ですが、問題と回答の根拠の順番は一緒です。

 

なので、

 

ポイント

問題を見る→文章を見る→答えを見つける→問題を見る

 

のループで解いていけば大丈夫です。

 

問題を見る時は、問題文だけ読めば平気。

 

選択肢まで見る必要はありません。

 

読むのに緩急をつける

全部全力で解いていては終わりませんし、効率悪いです。

なので、どこに時間を使えばいいかを把握しておく必要があります。

 

じゃあどこに時間を使えばいいの?

 

Part6とPart7は結局全部読むことになるので、基本的には最初から全部読みましょう。

 

が、

 

実はざっと目を通すだけでも大丈夫なところがあります。

 

・表

・チラシ、広告

・申し込み用紙

 

Part7のダブルパッセージやトリプルパッセージで出てくるこういった文章は、「ざっと読み」で構いません。

 

なぜなら、既に情報がまとまっているので、必要なところや問われているところのみをつまみ読みすればいいのです。

 

つまり、読むべきは字がずらっと書いてあるところだけです。(まあ、それがほとんどなわけですが)

 

効果倍増の復習方法を知っておく

当然コツを知っているだけでは、決してスコアは上がりませんので、実戦に落とし込んでいきましょう。

 

復習の時にやってほしいことは、

「答えの根拠になっているところに印をつける」です。

 

ん?どういうこと?

 

実際の問題で紹介していきます。

 

TOEICリーディングコツ

 

画像引用元:TOEIC公式ホームページ

 

こんな感じです。

152や153というのは問題番号のことです。

 

どこに答えの根拠があったのかを1つずつみていく事で、TOEICの「くせ」がみえてきます。

 

・自分が間違える時はどういうところを見落とすのか

・どういったものなら瞬殺できているか

 

を把握しておく事で、

弱点把握が容易になりますよ。

 

毎日英語の文章を読む習慣づくりから

上記の6つをやってもイマイチ変わらない人は、そもそもの能力が足りていない可能性が高いです。

 

どう強化すればいいの?

 

簡単です。毎日英語の文章に触れる事です。

 

多読する事で、英語の文1つを理解するのにかかる時間が少しずつ短縮されていきます。

 

どんな文章でも英文の連続なので、「1つの文を理解する時間」を短くしていきましょう。

 

結果的に、読む量が増えていくだけでなく、理解力も上がっていくので、量と質同時にパワーアップできますよ。

 

毎日やればいいのは分かったけど、いい方法ないの?

 

簡単に習慣化することができる方法は、「アプリ学習です」

 

1日の中の細かい時間、いわゆるスキマ時間を有効に活用することで、

少しでも英文に触れる時間を増やしましょう。

 

おすすめのアプリとかある?

 

本当に効果のあるものを3つ厳選しているので、

まだ愛用のアプリがない人は是非ご覧ください。

基本的に無料のものをセレクトしています。

TOEIC対策のおすすめアプリ3選

 

TOEICリーディングのコツまとめ

まとめ

今回は私の実体験に基づいてTOEICリーディングのコツについてアドバイスさせていただきました。

 

少しでも参考になるところや視点があったと感じたら実践してみてましょう。

 

人気の記事:TOEIC対策のおすすめアプリ3選

人気の記事:TOEICリーディング対策 目的別参考書12選

 

 

TOEIC対策はスタディサプリ!

TOEICリーディングはスタディサプリ

/

・就活や院試でスコアが必要

・社会人で時間がない

・TOEICでハイスコア出して自信をつけたい

\

というあなたにはスタディサプリ!

ポイント

  • 150のTOEIC専用レッスン
  • 83の英文法基礎レッスン
  • 1日82円から受講できる
  • 模試20回分(4000問)の問題

1日3分で対策。

満員電車や人を待っている時間もスマホ1つで勉強できます。

私が実際に使って865点を取った時の体験談をもとにレビュー。

デメリットにも触れています。

スタディサプリTOEIC結果を出す使い方
スタディサプリTOEIC|2ヶ月で効果を出す使い方【実績あり】

続きを見る

-TOEIC, TOEICリーディング
-,

Copyright© andyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.